外国人の友達が日本に来たらやりたい観光アクティビティを3つ考えた

前に書いた「外国人の友人が来たら見せたい!リアル日本の底辺ライフな場所3選」という記事が少し好評だったので、シリーズ化して繋げてみました。

今回は一緒にやったら面白いと思う観光アクティビティですね。でも僕は温泉旅行をおごってあげるお金なんてないから、身近にローカルライフを体験できそうなものを集めてみました。

1425480192i0kqf

十三の商店街を練り歩く

日本の商店街っていう文化は素晴らしいと思うんですよね。今では寂れてしまった商店街も多いですが、現役で活気のある商店街もたくさん残っていますよね。僕が住んでいた十三の商店街もその一つです。

来月日本へ遊びに来る友人はマレーシア人なんですけど、マレーシアには当然アーケード商店街なんてほとんどありません。クアラルンプールのチャイナタウンなんかはそれっぽいですけど、あれは観光客向けで、庶民が買い物をする場所じゃないですよね。

だから十三のあの商店街を一緒に練り歩いたら絶対興奮すると思うんですよ。道を一本それると別の意味で興奮するからダメなんですけど、メインの商店街は健全そのものなんです。

しかも結構長いんですよね。東口だけでも端から端まで歩けば15分くらいはかかります。この間にはいろんな面白い店があるわけじゃないですか。

マレーシア人の目から見たら、タマゴ屋さんとか豆腐屋、和菓子屋、八百屋なんかも面白いと思うんです。だってこういう店って完全な異文化ローカルじゃないですか。大阪でも新世界や心斎橋に行く普通の観光客には味わえないところだと思うんです。

途中には是非たこ焼きをつまみたいところですね。商店街のアーケードから少しそれたところに良いたこ焼き屋さんがあるんですよ。確か6個100円だったと思います。これが大阪ローカルのたこ焼きの値段なんですね。

家でたこ焼き&手巻き寿司パーティーをする

1411743715zyrd5

そのマレーシア人の友人は僕の実家に泊まることになってるので、家でたこ焼きと手巻き寿司を作って楽しみたいと思うんです。外でたこ焼きを食べたら、絶対自分でも作りたいと思うじゃないですか。だからそれを満たすんです。

たこ焼きなんて家で作ればお金もかからず何百個でも焼けるからいいですよね。僕もしばらくたこ焼きを焼いていないので楽しみです。

たこ焼きと別の日でもいいんですけど、手巻き寿司も作りたいですね。やっぱり外国人にとって日本食って寿司なんですよ。これを作れるとなると喜ぶはずです。

でも握り寿司を作るみたいな企画は良くないと思います。だって汚い寿司は美味しくないですよね。手巻き寿司なら嫌でも綺麗に作れます。

大阪梅田の人混みと歩行速度を体感する

まあ東京の比ではないと思うんですが、ラッシュ時は大阪駅周辺も大変な人込みになりますよね。そしてあの歩行速度でぶつからないように歩く技術ってすごいです。

マレーシアって国土の割に人口が少ない国なんです。だから首都の主要駅でもあんな人混みはないんです。だからラッシュ時に大阪駅に連れていけば、なぜ日本が世界一ストレスフルな社会と呼ばれるかっていうことが、体感的な疲労と共に理解できると思うんです。

その際はサラリーマンたちのゾンビのような顔も見て欲しいですね。みんなが同じコートを着て下を向いて走るように歩いてるんです。マレーシア人が見たらきっと恐怖すら覚えると思いますよ。

こんな感じ!

こういう観光アクティビティって日本独自のものだと思うし、良いと思うんですよ。皆さんはどんな観光アクティビティがいいと思いますか?

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析