焼肉食べ放題で豚バラを食べ過ぎて理解した何事にも全力で取り組むことの大切さ

この前タイ式の焼肉食べ放題に行って豚バラ肉を食べ過ぎて、具合が悪くなったんですよ。そして今回、その時の反省をふまえて、あらためて同じ店に焼肉の食べ放題に行ったんです。

僕はその経験からある教訓を学んだんです。

一度やり過ぎればいい!

1399011625fbqhm

よく学校の先生や親なんかは、「何事もほどほどが肝心」っていうじゃないですか。でもホントにそれって正解なんでしょうか。僕は「何事もやり過ぎた方がいい」って思うんですよ。

前に僕はやり過ぎっていうくらい豚のバラ肉ばかりを食べたんですね。そしたら他の海鮮系や野菜類、サイドメニューにもほとんど手を付けられずに終わってしまったんです。そして次の日まで具合が悪くなったんですね。

そういうことを防止するための「何事もほどほどが肝心」っていう言葉はわかるんです。でもやり過ぎたからこそ見える景色ってあるんですよね。僕はそれを見たんです。

焼肉食べ放題って肉を食べればいいと思ってたんですけどそうじゃないんですよ。楽しめると思えばポテトやシューマイ、魚のから揚げ、ソムタムなんかを食べたっていいんですよね。そして原価を考えれば肉よりエビを食べたほうが元は取れるんです。そのことを真に理解することができたんです。

IMGP0818

その結果、僕は今回大エビを2回お代わりして食べることができたんですよ。エビって焼くと抜群に美味しいんです。エビでお腹いっぱいになるっていう経験が出来たんです。こんな経験って豚バラを食べ過ぎた過去がなければ得られないものだったんですよ。

何事も経験!

やっぱり人間にとって経験ってすべてなんですよね。経験があるから学べるし、経験があるから前に進めるんです。

そして中途半端な行動では経験にならないんですよ。例えば「ボランティア体験」みたいなことですね。体験っていうことばが付いているプログラムに参加しているようではダメなんです。やるならやり過ぎるくらいボランティアに浸らないと経験にはならないんです。

だから人はやり過ぎることによって英知を蓄えていくんですね。豚バラを食べ過ぎてそういうことを思ったんです。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析