ハーブベーシックスのリップバームがタイ旅行の女性用おみやげに最適な3つの理由

今タイのチェンマイに住んでます。僕はこの2年ほどアジアの色んな国に滞在しながら過ごしてきたんですが、この年末に日本に用事があって数週間だけ戻ることになったんです。

そうするとやっぱりお土産が必要になるんですよね。そこでチェンマイで良いお土産を見つけたんです。

バーブベーシックスのリップバームがお土産に最適な理由

IMGP1493

日本でも展開しているブランドだから品質が安心

スクリーンショット (60)

ハーブベーシックスについての詳しい解説は別の記事でするんですが、簡単にいうとタイのチェンマイで製造・販売されているオーガニックのハーブ商品のお店なんです。

主な商品はアロマオイルやスキンケア用品なんかで、これが外国人の観光客にも大人気なんです。だってせまい市内にお店が6つも7つもあるんですよ。この展開力はすごいですよね。

それでハーブベーシックスは日本向けにも展開していて、オンラインショップでも買えるんです。でも当然チェンマイでの現地価格に比べると、かなり割高になるんですね。

同じリップバームを買うにしても、日本では全く販売されていない無名ブランドのものとなると、品質にうるさい日本の女性は納得しないですよね。お土産にあげても、なんか信じられなくて使ってもらえない可能性があるんです。

そんな時に日本でも販売しているっていうアドバンテージは大きいんです。これを聞いて納得しない人はまずいません。だからハーブベーシックスが選ばれるんです。

一個29バーツで約100円という圧倒的安さ

別の記事でハーブベーシックスのハンドクリームについても書いたんですが、そちらは69バーツだから250円くらいなんです。これでも相当安いからばらまき土産には十分なんですけど、さらなるバラマキを考えたとき、この100円で買えるリップバームが効いてくるんです。

たとえ友人のお土産用にハンドクリームを10個買って帰ったとしても、足りなくなる時ってあるじゃないですか。例えば違う部署の親交の薄い同僚にもお土産をあげたいシーンって出てきますよね。

そういう時にハーブベーシックスのリップバームを大量に買っておけば役に立つんです。100円なんだからもう缶コーヒーをおごるくらいのレベルでプレゼント出来るんですよ。これなら相手も気を遣いませんよね。

選べる種類が10種類くらい!

IMGP1491

女性って選べるっていうことに弱いじゃないですか。「メインが選べるランチコース」とか好きですよね。そんな女性の性質を利用して、値段以上の満足感を与えることができるのが、このリップバームなんです。

フレーバーがアップルとかチェリー、オレンジをはじめ、全部で10種類くらいあるんですね。だから香りをかいで許容できそうなものを複数種類買って、渡す時に相手に選んでもらうようにするんです。

そういうお土産としての特性をしっかり理解しているのがハーブベーシックスの特徴なんですね。ハンドクリームも色んな種類があるんです。

使い心地は?

リップバームって僕は使わないのでわからないんですが、嫁が試しに使ってみました。嫁いわく、缶に入っているタイプだとスティックよりめんどくさいというデメリットがあるものの、柔らかくて良い感じだったとのことです。フレーバーもそれほど強くないから気になりません。

チェンマイに来たら買わない手はない!

チェンマイに旅行で来た人なら、ハーブベーシックスでお土産を買わない手はもうありませんね。ハーブベーシックスの回し者じゃないんですが、これは断然お勧めです。

買うならチェンマイ旧市街中央のこの店舗がおすすめです。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析