『英会話上達にはネイティブと話すのが必要』なんて卑屈な幻想は捨てたほうがいい

英語って話せるようになりたいですよね。これはもう日本人なら誰もが考えるところだと思います。だって英語が話せないから日本にずっととどまるなんて窮屈すぎます。

そこで英会話を学びたいと願うわけですが、どういうわけか多くの人が「英語ネイティブと話さないといけない」と思ってしまうんです。でもこれって間違ってます。

アメリカ・イギリス英語だけが英語じゃない!

1427945918m096p

前に「日本人同士の夫婦でも英会話上達のために英語で会話してみてはどうか」という記事を書いた時に、こういう指摘をする人がいたんです。

この場合夫婦の片方が英語ネイティブか、それと同等の英語力を持たないと意味がない

これは多くの日本人が持つ価値観ですよね。英会話はネイティブから学ぶべきという考え方です。

これにももちろん正しい側面はありますよ。正統なイギリス英語、アメリカ英語を身につけたいならネイティブと話すのが一番です。でもそんな風に学んだ英会話ってどういうシーンで使うんでしょうか?

イギリスでビジネスをするために英会話を学ぶ人なんて極めて少数ですよね。そしてそういう人たちは英会話の上達がどうとか言う前に、さっさとイギリスに行って切磋琢磨しているはずなんです。

多くの人が英会話を学ぶ理由って、日本語の通じない外国人とコミュニケーションをとるのが目的なんです。そういう目的を考えたとき、英会話の練習相手は非ネイティブであっても全く問題ないんですよ。

だって「英会話はネイティブから学ばないと意味がない」という理論が成立するなら、タイ人やインド人の友人と話す英会話に意味はないということになります。そんなわけないですよね。英会話の上達を考えるうえでは、彼らと話すのも大切な機会だと言えるんです。

だからフィリピン人から英語を学ぶフィリピン留学にだって意味があるし、日本人の夫婦同士で話す英語にだって意味はあるんです。

なまりなんて心配する必要はない!

たまに聞く批判として、「フィリピン英語留学の場合、フィリピンなまりが入ってしまうから欧米に留学したほうがいい」なんてものがあるんですね。これもホントに馬鹿げた指摘です。英語コンプレックスが滲み出てますよね。

なまりや方言なんて絶対に出てくる自然なことなんですよ。ネイティブのアメリカの中だって「南部なまり」とか「田舎なまり」みたいなものがあって、それをバカにする人って一定数いるんですね。オーストラリアにだってなまりはあります。

こんな保守的な英語圏の人に認められる英語を話す必要なんてないんですよ。イタリア人やスペイン人の英語だってイギリス英語とはかけ離れているけど、それで自分のことを英語が下手だと言うひとなんていないんです。

インドのヒンドゥーなまりの英語だって立派な英語だし、シンガポールのシングリッシュと呼ばれる独特な英語だって英語なんです。これは世界言語であって、イギリス人、アメリカ人だけのものではないんです。

とにかく意思疎通できることが重要!

外国人とコミュニケーションを取るために英会話を学びたいという人であれば、とにかく色んな人と英語で話すのが一番なんですね。その相手がネイティブでなくとも関係ありません。

日本人だから日本語なまりが出るのは当然のことだし、それを恥じる必要もないんです。そういう心構えも非ネイティブの話し相手は自然と教えてくれるんです。

だから英会話上達にはネイティブとの会話が必要なんて幻想はさっさと捨ててしまいましょう。そんなコンプレックスを抱いていても、英会話上達どころか、何も得ることはできませんよ。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析