競馬は必ず勝とうとすれば必ず負けるギャンブル。その必勝法は?

競馬ってホントに最高ですよね。今は海外で生活しているから滅多にやらないんですが、日本にいるときには必ず毎週賭けてました。競馬がホントに好きなんです。

それで競馬には僕がずっと考えている必勝法があるんですよ。いや、必勝法というよりあまり負けない方法です。それが「その1レースを確実に当てようとしない」っていうことなんです。

必ず勝とうとすれば必ず負ける

14038389018o3i9

競馬にどうせ賭けるなら、確実に当ててお金を得たいって思うのが人情じゃないですか。でもその考えこそがギャンブルの落とし穴なんです。リスクを取るギャンブルでは、確実に勝つという考え方が一番危険なことなんです。

例えばそのレースで確実に馬券を当てる方法ってどんなやり方がありますか?わかりやすいのが単勝を全頭買えば必ず当たります。それでレースが荒れたら利益が出ることもあるでしょう。

でも言うまでもなく、そんな賭け方をしていては長期的に見て必ず負けます。確率と期待値の概念が少しでも理解できる人なら、これは簡単に理解できますよね。

同様に馬連ボックス4頭で6点買いなんかもその一例です。1、2着に来そうな馬を4頭選べば、結構な確率で当たるんです。でもこれも長期的に見れば負ける賭け方と言えるんですね。これもその1レースに負けるリスクを減らそうとするがゆえの長期的な敗北です。

そんな例はまだまだありますよ。例えば1番人気の馬ばかりを買うというのはどうでしょう。もちろん1番人気の馬は、一着に来る可能性が一番高い馬ですよ。でもその出現率ってご存じですか?

おおまかに言えば1番人気の出現率は30%ほどで、10レースの内7レースは一番人気以外の馬が来るんです。それでも確率の高さを求めて、一番人気ばかりを買ってしまう人が存在するんですよ。

それは単勝人気別の回収率を見ても分かります。1番人気の馬を買い続けたときの回収率って70%くらいなんですけど、これが5~6番人気になると80~85%あたりまで上がるんです。

参考:http://keiba.joywork.jp/?eid=882834

このデータも、短期的な勝ちを目指すことは長期的に負けることを暗示しているわけですね。

大事なのはトータルでの勝ち負け

ここまで見てきた必ず競馬に負ける仕組みというのは、すべてその1レースに確実に勝とうとする心の弱さが問題なんです。長期的な勝負を考えればこれをなんとかする必要があるんです。

これって勝負師的にはナンセンスだと思いますよ。僕の論理はアカギを否定する偽アカギの言葉みたいなものです。でも現実的にはそれで正しいんですよ。

競馬で長期的に勝とうと思えば、買っても負けても張りは大きく変えず、自分のシステムに従って賭け続けることなんです。その際、買い目は最小限に抑えて1レースに勝とうとはしません。

具体的には単勝で5~10番人気くらいの馬から、低い人気の割に実力がある馬を選んで買い続けていれば、トータルで大きく負けることはありません。その日のレースで1番人気ばかりが外れ続けても、1年間トータルで勝てれば問題ないんです。

競馬の面白さはこういう所!

僕もそういう論理的な賭け方を基本にしながら、遊ぶところはもちろん遊びますよ。そうしないと競馬の醍醐味って味わえません。

そういう考える楽しさ、遊ぶ楽しさみたいなものが、競馬って絶妙なんですよね。ホントに競馬って最高です。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析