反面教師から学ぶ!海外旅行で犯罪に合いやすいタイプの旅行者4選!

海外旅行中って色んな犯罪に巻き込まれそうで怖いですよね。実際に凶悪犯罪に巻き込まれるようなパターンは少ないですけど、置き引きなんかの軽犯罪はけっこう身近に潜んでます。

それで僕はこの2年ほど海外をフラフラしているので、色んな犯罪に合ってきた人と話してきたんです。そこから犯罪に合いやすいタイプの人を考えてみました。

こんな人は海外旅行中に犯罪に合う

1410879951unyq4

初海外でオドオドしている人

誰にだって初めての時はありますよね。だから覚えていると思うんですが、やっぱり異国に来てドキドキオドオドしてしまうところがあるんです。

そのドキドキした感情ってものすごく大きなスキを作ったりするんです。もう犯罪者じゃない人も、犯罪に駆り立ててしまうくらいの大きなスキです。だから当然被害に合いやすいんです。

犯罪のプロからすれば、もうそういう人って一目瞭然でわかるんですよ。僕も初めてインドに行った時は、もうカモがネギを背負って歩いているくらい話しかけられて、金をとられそうになりました。初海外の雰囲気が体中からにじみ出てしまうんです。

犯罪に関する知識がない人

今ってネットで検索すればあらゆる情報が手に入るじゃないですか。だから多少危険な地域を旅行する前には、どのような犯罪が多いのか調べておくべきだと思うんです。

例えばイタリアやフランスなんかでは、観光客を狙ったスリや窃盗が多いから目立たない恰好を心がけるとか、インドの列車では置き引きが多いから貴重品は身に着けておくとかそういうことです。

こういう軽犯罪って現地での犯罪トレンドが分かっていればほとんどが防げるものなんです。だから知っておくということはすごく大事なことなんです。

現地人と仲良くなりたがる人

これは旅慣れたバックパッカーに憧れる大学生なんかが陥りがちなんですが、現地人と仲良くなりたがる人って犯罪にも合いやすいんです。

別に現地人と仲良くすることがすべて悪いと言っているわけではないんです。僕も実際外国人の友達はいるし、そういう旅先での出会いって何より大きな収穫だと思います。

でもそれにも節度が必要なんです。例えば東南アジアにある世界遺産の観光地で、ローカルの若者が英語で話しかけてくるじゃないですか。こういうパターンってほとんどが詐欺目的です。

でもこういう分かり切った状況でさえ、交流のチャンスと思ってついていき、トランプ詐欺で金を奪われるんです。

犯罪者は、旅行者が現地人と仲良くなりたいと思っていることも知ってるんです。だからその思いに付け込まれないよう、節度を持った行動が求められるんです。

一人旅の人

旅の醍醐味ってやっぱり一人旅だと思います。旅で感じる興奮や哀愁って、一人だからこその所があります。だから僕も一人旅が好きでした。

でもやっぱり犯罪に合いやすいのも圧倒的に一人旅の場合なんですよ。僕たち夫婦が2年もの間犯罪に合わずにすんでいるのも、二人だからっていう部分が大きいと思うんです。

二人いると駅や空港なんかでトイレに行くときも、一人が荷物番をして安全を確保できるし、あらゆるシーンで隙が生まれにくくなるんです。寂しくないから、声をかけてきた現地人にフラフラついて行くこともありません。

だから初めての海外で不安な場合なんかは、一人より二人の方が安心です。精神的にもだいぶ違うし、無理はしないほうがいいんです。

こんな感じ!

僕が思う犯罪に合いやすいタイプの人ってこんな感じです。まとめると「初海外でオドオドしている人」「犯罪に関する知識がない人」「現地人と仲良くなりたがる人」「一人旅の人」が犯罪防止の反面教師として活躍してくれるわけです。

適切な知識を持って、安全で楽しい海外旅行をしましょう。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析