ガンで死ぬより痛風がイヤ!僕が一番恐れる現実的な病気を紹介

人間は健康が一番ですよね。健康な体があってこそ、健全な魂は育まれます。だからこそ日ごろから健康維持には気を遣いたいものです。

病気はイヤと言っても、いろんな種類の病気があるじゃないですか。その中で僕が一番嫌なものといったら痛風なんですよ。

ガンで余命半年の方がマシ

1432538744qtxpw

僕は長生きしたいなんて思わないんです。だってこの世知辛い世の中で、年老いたって何も良いことは待ってないじゃないですか。若いうちに楽しんだら、すっきりさっさと死んだ方がいいとも思ってるんです。

だからガンとかは全然怖くないんですよ。人はどうせ死ぬわけだから、ガンで死ぬとなれば死ねばいいじゃないですか。それが身内のこととなれば話は変わるんでしょうけど、自分のこととなれば抗がん剤治療なんていりません。さっさと死んで大丈夫です。

でも痛風は怖いんですよ。痛風って死なないけど、骨折くらい痛いっていうじゃないですか。骨折もしたことないですけど、骨折と同じくらいって尋常な痛みじゃないですよ。これに耐えながら生きるって拷問に等しいと思うんです。 でも自殺なんて出来ないじゃないですか。やっぱりそんなことはしたくないし、「あいつは痛風の痛みに耐えかねて自殺した」っていうことになれば絶対笑われますよね。

それで痛風の原因がまた酷いんですよね。なんか贅沢なものを食べ過ぎると痛風になるっていうじゃないですか。そんな病気ってありますか?贅沢なものを食べたら骨折と同等の痛みを味わうってひどい話ですよ。

一度発症したらビールも飲めなくなるんですよね。美味しい肉も食べられなくなるなら出家じゃないですか。なんで望まない出家なんてさせられないといけないんですか。

だからホントに痛風が怖いんです。でも痛風を恐れてビールや外食を控えるっていうのも嫌なんです。このジレンマには耐えかねます。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析