イケダハヤトのブログに記事転載した効果を検証!1日でプラス4000PV!?

先日イケダハヤトさんのブログに「ブロガーがイケダハヤトの影響で高知に移住するなら、その前に海外移住すべきではないか」という記事を転載してもらったんです。

その効果がやっぱりすごく大きかったので、項目別に色々検証してみました。

イケハヤブログに記事転載する効果

スクリーンショット (69)

当日のアクセス流入数とPVは?

転載するときに一番気になるのが、イケダハヤトのブログからどれだけの人が自分のブログに流入するのかっていうことですよね。せっかく転載しても、イケハヤさんのブログ内で完結してしまっては自分に対するメリットがありません。

僕の場合は開設して2カ月目の弱小ブログなので、一日の平均ユニークユーザー数が250ほど、ページビューが750ほどというのが普段の数字です。

これが転載日12月23日はユニークユーザーが1000、PVが5000まで伸びました。

ユニークユーザー 250⇒1000 750ポイントUP!

ページビュー 750⇒5000 4250ポイントUP!

一つの記事転載で750人が流入するってすごいですよね。これだけの新規読者を開拓できるっていうのはそれだけで価値があると思います。

さらに必見なのは一人当たりPVなんですよ。当日の数字だけを見ても、1000/5000だから一人当たり5PVもあるんです。これって通常のバズなんかではあり得ません。

例えば、はてブでバズって1000人が流入するとしますよね。その時の一人当たりページビューって絶対2には届かないんです。1.1とか1.2でもおかしくないと思います。

それは記事がバズる時は、みんなその記事が見たいのであって、書いている人には興味が無いからなんです。だから目的の記事を見たら全員が直帰してしまうんです。

でもイケハヤブログへの転載の場合は違いますよね。転載する記事は自然と自分自身を売り込む内容に持っていくことができるし、イケハヤさんもそれをフォローするように紹介文を作ってくれます。

まだ日本で消耗してるの?」ではタイのローカル情報、オピニオン記事などが掲載されています。アジア圏への移住を考えている方は、読んでおいて損なし。「小象寿司」なんてあるのかw

このあたりから記事単体ではなくブログ全体としての宣伝効果が生まれ、流入者一人一人が5ページも見てくれるっていう素晴らしい環境が生まれるんです。

Feedly登録者数とツイッターのフォロワー数は?

いくら記事転載して当日に大きなアクセスが生まれても、翌日以降に元の状態に戻ってしまうようでは意味がありませんよね。そのためには自分のフォロワーを増やす必要があります

Feedlyの数値が一番分かりやすく、フォロワー数を示していると思うので示すと、転載前に11人だったものが、3日後の現在29になっています。

Feedly購読者 11人⇒29人 18人UP!

これって数値的に見ると小さなものですよね。ツイッターのフォロワーが200人増えた!とかならわかりやすいんですが、18人の増加ってそうでもない気がします。

でも実際これってすごいことです。Feedlyに登録してくださった18人の他にも、その他のRSSやブラウザのお気に入りに入れてくれた人もいるはずなんですよね。これらを加味すると固定読者と呼べる人がかなり増えているんです。

やっぱり無条件に毎日読みに来てくれる人たちの存在って何より重要です。だからこれは転載による一番大きな効果だと思います。

ちなみにツイッターは計測しにくいので定かじゃないんですが、フォロワーが30人くらいは増えたと思います。

収益は?

記事内にアフィリエイトリンクを仕込んでおけば色々と収益化の方法もあると思うんですが、今回僕はそうせずに、自分のブログに来てもらうことだけを考えて記事を書きました。

だから収益の増加はアドセンス広告のみで、PV数の20%~30%が収益額になっています。要するに転載すればその日に千円以上はもらえるっていうことですね。小遣い稼ぎにいいんじゃないでしょうか。

記事転載時に気を付けたこと

転載前にブログを育てておく

イケハヤブログに記事を転載すると、少なく見積もっても500人は自分のブログに人が流入してきます。でもその時に自分のブログの記事数が10しかなかったり、全部がつまらない日記だったりすれば、転載メリットってゼロです。500人が直帰して終了です。

転載の効果を最大化するためには、転載記事に関連した内容や、読ませるコンテンツをブログ内に仕込んでおく必要があるんです。

僕のブログが完璧だなんて微塵も思っていませんが、初めて来た人が平均で5ページ見てくれていることを考えれば、極端に読みにくいデザインであったり、記事の品質が悪すぎるっていうことはないんです。そのへんを目安にすればいいんじゃないでしょうか。

記事内には自分のブログへのリンクを仕込んでおく

転載する記事内に自分のブログへのリンクを仕込まなくても、上述のようにイケハヤさんは紹介文としてリンクを貼ってくれます。でもそれが自分の見せたい記事やカテゴリーへのリンクかはわかりませんよね。

そうした時に記事内に自然な形でリンクを仕込むことが有効になるんです。僕の場合は「海外移住」「英語」「タイ」あたりのジャンルの記事リンクをそれぞれ1本づつ貼っておきました。

特に「英語」なんかは後々収益化にも繋げる予定の大事なジャンルなので、転載した記事の内容とは若干ずれているものの、ツイートの引用としてやや強引に持ってきました。

読者層を見極める

イケダハヤトさんのブログ読者って、「移住」や「自由な働き方」「ネットビジネス」なんかに興味がある人たちですよね。そのあたりの層と自分のブログの想定する層が少しでも一致していれば、これは転載する価値が十分にあると思うんです。イケハヤさんから客を奪うんですよ。

でもこれが完全にずれたブログだと転載してもメリットは享受できません。例えば「主婦のための節約生活」みたいなブログでは、明らかに志す方向が違うじゃないですか。

そういうブログでもイケハヤさんは転載してくれたりすると思うんです。でもあんまり意味はないですよね。宣伝って目にする人の量よりも、特定の属性を持つ人にどれだけアプローチできるかっていうことが重要だと思うんです。

イケダハヤトを使ってブログを宣伝しよう!

色々書いてきましたが、要するにジャンルが合えばイケダハヤトさんのブログへの記事転載は、自分のブログを大きくするうえで絶大な効果を発揮します。これが無料で、ツイッターでお願いすればやってくれるって素晴らしいですよね。

使えるものは全部使って成長する」そんな熱い思いを抱えるブロガーであれば、一度イケダハヤトを利用してみてもいいんじゃないでしょうか。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析