タイから日本に帰って軽い時差ボケが辛い!2時間っていうのが!

僕は最近日本に一時帰国してきたんです。やっぱり日本って落ち着く部分がありますね。たまに帰ってくる分には不満はありません。

でも時差ボケが辛いんです。

タイと日本の時差は2時間!

144624151125m7j

時差ボケって主にアメリカとかヨーロッパに旅行に行った人が訴えるものですよね。10時間も時差があれば、昼夜が逆転してしまうので体はもう大変です。なんとかして早く元に戻さないと、まともに生活することも難しくなります。

そういう観点から見るとタイと日本の時差は大したことありません。2時間ってもう誤差の範囲ですよね。だから通常であれば、だれも時差ボケが辛いなんて感じることはありません。

でも僕はこの2時間という時差が地味に辛く感じるんです。それが主に朝起きるときに感じるんですよ

僕は朝って起きる時間が決まってるんです。タイでも会社勤めをしているわけでもなく、いつ起きてもいいから目覚まし時計もつけないんですが、自動的に7時半に目が覚めるんです。

7時半に起きることによって、朝の気持ちがいい時間帯に集中して記事を書いたり、してたんですね。それが時差ボケによって今出来ていない状態なんです。

なんでかって言うと、体は未だにタイの7時半の感覚で、日本の9時半に目を覚ますようにセットされてるんですよ!日本の7時半に起きようとすれば、タイの5時半に起きるくらい苦痛を伴うことなんです!

時差ボケにはご注意を

これも目覚まし時計なんかを使えば矯正されることなんでしょうけど、そこまで支障を感じないのがこの軽い時差ボケの怖さなんです。それに日本の昼12時になればお腹がすくし、日本の夜11時なれば眠たくなるんです。起きるときだけ時差が発動するなんてひどい話ですよね。

みなさんも軽い時差ボケにはご注意ください。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析