27歳の僕が今までもこれからも信念を持って選挙に行かない理由

政治って大切な問題ですよね。だからそのことを親身になって考え、毎回選挙に行くような人は良い国民として褒められます。でも僕は今まで一回も選挙なんて行ったことがないんです。

それははたして悪いことなんでしょうか。

選挙なんてガス抜き

file000127353638

よく「1票の重さ」みたいなものって語られますよね。その1票は先人たちが血の歴史を乗り越えて獲得してきたものであり、その権利によって国の未来を変えることもできると言うんです。だから選挙には行くべきなんですね。

でも自分が持ってる1票で、国を変えられるなんて本気で思ってる人はいるんでしょうか?あり得ないですよね。一票の価値なんて吹けば飛ぶゴミ屑みたいに軽いものだと僕は思うんです。

その証拠に有権者なんて政治家から相当軽く見られてますよね。選挙公約なんて有って無いようなものだし、信念を持って投じた一票も、騙されやすい羊の群れの中でまぎれて消えてしまうんです。

膨大な数の民衆の一員として意見を言うってそういうことですよね。それって政治に関して当事者意識があるように見えて、実は一番当事者になることから逃げてると思うんです。

興味があるなら選挙に出ればいい

政治に対して当事者として関わっていきたいと思えば、選挙にでるのが一番ですよね。それか金の力で動かす資本家になるか、民衆の意見を引っ張れる起業家になってもいいと思います。そうじゃないと政治に対して主体的に向き合っているとは言えないんです。

確かに血の歴史をもって選挙権を獲得してきた先人たちは偉いと思うんです。でも偉いのは選挙権獲得のために実際に動いた数人であって、ボーっと農作業をしていた民衆じゃないんですね。だから民衆である限り主体的ではないんです。

そういうわけで僕は今まで選挙に行ったことがないし、これからも絶対に行きません。日本の消費税に不満があるなら、日本の消費税が影響を及ぼさない所に住めばいいし、年金が不満なら年金に頼らない生き方を目指します。

そんな問題を選挙による一票で克服しようなんてとても思えません。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析