沖縄で雪が降る大寒波の日も雪が降らない尼崎に育ったことは幸せかどうか

なんか最近大寒波がきてますよね。お正月はものすごく暖かくて良かったのに、ここにきてものすごく寒くなってきました。一時帰国の終わりに本気の寒さを味わってます。

でも僕の住む尼崎はホントに雪が降らないんですよ。今マレーシア人の友人が遊びに来ていて雪も楽しみにしてたんですけど、残念ながら尼崎や大阪では見られないんです。

それで雪が降らない地方で育って、良かったことと悪かったことを考えてみました。

子供の頃は圧倒的に寂しい

1449121369xnn4f

雪のメリット・デメリットって色々あると思いますが、子供のころなら圧倒的に降ってほしいものですよね。通学路がいくら厳しくなっても、そんなものってアスレチック感覚で乗り越えられるじゃないですか。

だから雪が積もらない尼崎に育った僕たちは、雪を羨望するばかりでした。小学生のころ一度だけ雪がたくさん積もった時は、授業が昼までキャンセルで雪遊びの日になったんですよ。あんなのが10年に一度も味わえないなんてひどすぎます。

もう少し年齢を重ねてからも雪が欲しかったですね。僕は中学生のころまで野球部に入ってたんですけど、かなり嫌々やってる落ちこぼれ部員だったんですね。そういうわけで雪が積もれば練習が中止になるから雪が降ってほしかったんです。

でもそんな願いが届けられることは一切ありませんでした。ホントに東北に育ちたかったと思いましたよ。東北の野球部は冬に外で練習できないから弱いって昔は言われてましたよね。冬が練習休みって夢のような野球部ですよ。

大人になっても雪にはときめく

東京の大人にとって雪なんて天敵でしかありませんよね。革靴がグチュグチュになるし、電車が遅れて会社に行けなくなるし大変極まりありません。ニュース映像なんかではすごく可哀想な姿が目に移ります。

そんな姿を見ていても、雪って羨ましいと思ってしまうんですよね。雪で遊びたいとは思わないんですけどなんか憧れるんですね。幼少期に刷り込まれた夢のせいだと思います。

それでも南国に住む

でも僕は寒いのってやっぱり嫌ですね。散歩に行きたくなくなるし、やたら眠くなって食べ過ぎて太るし、色々と効率が落ちる感じがします。暑い中を散歩したあとに水シャワーを浴びるのが至極なんです。

だから南国に住んで雪は一年に一回日本に帰ってきて見ることにします。雪のために東北に住みたいとかは思いません。沖縄で雪が降る大寒波の日に、雪の降らない尼崎でそういうことを思いました。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析