海外2年無職の僕が教える、食べ放題で元を取る方法4選

食べ放題って好きですか?僕は大好きで、食べ放題の前には相当気合を入れて臨みたいと思ってるほうです。あの臨場感がたまらないんですよね。

今回はそんな食べ放題で、元を取るまで食べまくる方法をご紹介します。

file3271298583278

気の知れた男同士、又は大食い同士だけでいく

元を取るまで食べまくるためには、まずメンバー編成を考える必要があります。一人食べ放題も恥ずかしくないというツワモノはそれでもいいですが、メンバーは共に元を取りたい同士であることが望ましいと言えます。

だから好きな女の子がメンバーに入ってるとか最悪ですよ。その子が「もうおなかいっぱ~い」って言いだしたら、どうせみんな同調するじゃないですか。そんな男女混合のメンバーじゃダメなんです。

会話で自らをマインドコントロールする

会話ってホントに重要なんですよ。店に向かう時には、「今日朝から何も食ってないから空腹でやばいわ」とか「店潰すまで食ったろかな~」とか嘘でもいいのでモチベーションの上がる会話をしてください。

食べ始めてからも同様です。もう結構お腹に溜まってしんどくなってきてても、「まだ腹ゼロ分目やわ~」と言って自分を高揚させましょう。これがメンバーに波及して、チームとしての食欲を増進するわけです。

競うように食べる

特に焼肉の場合ですよね。これは肉を譲り合ったりしたらダメなんです。欲しいと思った肉は、他人の懐からでも取る、これくらいの気合が必要になってくるんです。

この際多少の口論は生まれますよ。でもそれでいいんですよ。闘争本能と食欲は一心同体なんです。小さいころ、兄弟とたこ焼きを競うように食べてたら、限界突破して食べ過ぎた経験ってありません?そのメソッドを使ってるわけです。

アイスで一旦様子を見ない

これも主に焼肉食べ放題の場合ですよね。脂がきつくなって、一旦アイスで様子を見たいって誘惑にかられるじゃないですか。でも一旦休んだ手が元に戻ることはないんですよ。だから食べ続けるしかないんです。

アイスを食べるのは自分が負けを認めた時だけですよ。一旦とかごまかして自尊心を満足させても、食べ放題の元は取れないんですよ。厳しいようですがそれが食べ放題の現実なんです。

それでも覚悟があるなら挑もう

やっぱり食べ放題で食べまくるって簡単なようで難しいことなんですよね。元をとるなんて考えないのが一番幸せだと思います。

それでも覚悟がある人たちは共に高みを目指しましょう。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析