ランブータンの魅力と剥き方について海外2年無職の僕が語る

今タイのチェンマイに住んでます。タイには日本では見かけない南国フルーツがたくさんあって、どれも美味しくて堪らないんですよね~。

今回はそんなタイのフルーツから、僕が大好きなランブータンの魅力をお伝えしたいと思います。

見た目が兵器のように怖いのが良い

IMGP6735
ランブータンって見たことありますか?僕はタイで初めて目にしたんですが、最初は買う気になりませんでした。だって見た目が超怖いんですよ。真っ赤な胴体から触手が生えてる宇宙人みたいなんですよね。

あれは果物というより兵器に近い見た目だと思うんです。敵に対して手りゅう弾感覚で投げたり、飛行機からばら撒いたら絶対恐れるはずですよ。謎の病原体か何かだと思うはずです。

ランブータンほど見た目で損してる果物って他にないと思うんです。そのあたりが不憫でもあり、愛おしさを生むんですよね。

でも味はライチより美味しい

IMGP6738

ライチは食べたことがある人も多いですよね。ランブータンも殻を剥けば味や形状がライチに似てて、みずみずしいんですよ。そしてライチよりもっと濃厚な感じがして美味しいんです。

だから単純に味だけを比較していっても、ランブータンはかなりの地位にあるはずなんですよ。それをあの見た目が邪魔してるわけです。

もう一つの難点は種の周りの渋皮!

ライチって殻を剥いて食べると、真ん中に大きな種があるけどツルッと取れるんですね。だから剥くのが面倒じゃないんです。でもランブータンの種の周りには、渋皮がいっぱいあるんですよ。

これを口の中で無造作に剥こうとすると、渋皮が果肉にへばりついてきて、食感がものすごく悪くなるんです。だからライチに比べて食べにくさが段違いなんですよ。

これには食べ方のコツがあるんです。殻を剥いた後のランブータンってお尻のほうに小さなくぼみが出来るんですね。そこに下の前歯をあてがって、上に向けてむしりとるんです。そうすると渋皮は果肉についてこないんです。

でもやっぱり面倒ですよね。ライチなら見た目も可愛いし簡単に食べられるのに、なんでこんな思いをしてランブータンを食べてるんだろうっていう気持ちになるんです。でもそんな葛藤もランブータンの醍醐味の一つだとおもうんですよ。

ランブータンが大好き!

僕が伝えたいことは、ランブータンが大好きっていうことだけですよね。シーズンは終わってしまって、今はあんまり出回ってないと思うんですが、タイに来たら試してみてください。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析