海外2年無職の僕が日本で散髪屋に行きたくない理由3選

散髪ってめんどくさいものですよね。女性の方なら美容院に行くのが楽しみっていう方もいると思うんですが、男で美容院が好きっていう人は少ないと思います。

僕もかなり散髪屋には行きたくない方で、学生の時も会社員になってからも、風呂場で自分でカットすることが多かったんです。だから散髪屋には半年か一年に1回くらいのペースでしか行ってなかったんです。

1414386382kcjra

オシャレな雰囲気で緊張する

なんで日本の美容院ってあんなにオシャレなんでしょうね。あんなに良い感じの雰囲気にされたらこっちは緊張するんですよ。別に僕は都心部の人気美容院に行くわけじゃないんですよ。いっつも近所の2,300円くらいで切ってくれる店に行ってたんです。

そこの店主の兄ちゃんが面白い人で、話も弾むし気まずい思いなんてしたことないんですよ。客層も近所のおばちゃんとかが多くて、ほんわかしたすごくいい店なんです。

でも、それでも美容院だから気持ちが違うんです。なんかオシャレ感が滲み出てて、それが僕を苦しめるんです。美容院じゃなくて理髪店に行けばいいと言われるかも知れないんですが、当時の僕は社会に洗脳されていたのか、理髪店に行くっていう選択肢は100%ありませんでした。

プロセスが多くてめんどくさい

こんなこと書くと美容師の方に失礼なのであれなんですが、美容院ってプロセスが多くてめんどくさいなって思ってしまうんです。

まず電話で予約しないといけないじゃないですか。僕は基本的に電話ってしたくないんです。だからこの時点でハードルが高いんですよね。店に行ったらカットの希望をいう必要があるし、髪を流したりするのに鏡の前と洗髪台を2往復くらいしますよね。

そういうプロセスを踏んでいると、次第に自分の髪の毛なんかにこんなに時間を使わせて申し訳ないっていう気持ちにもなってくるんです。そういう全てがめんどくさくって、家で髪を切りたくなるんです。

値段が若干高い

日本の美容院って値段が若干高めですよね。僕が行ってた地元の2,300円の店なんかはすごく安い方で良心的だと思うんですが、普通は3,000円以上かかりますよね。もちろん美容師さんの人件費や店舗コストを考えれば当然の料金ですよね。それは分かってるんです。

でも分かったうえでも高いと思ってしまうんですよ。特に海外に出た後なんかだと圧倒的に違うんです。前に紹介したネパールのこの散髪屋なんて60円ですよ。この店に3千円支払うためには、50回通わないとダメなんです。一カ月に1回行っても4年かかるんですよ。

海外2年無職の僕が最もディープだと思った海外の散髪屋を紹介

IMGP0007

この比較は馬鹿らしいんですが、タイなんかの比較的良い感じの美容院でも圧倒的に安いんです。そういうのを見てしまうと、日本で髪を切る気にならないんですよね。

でも日本の美容院は素晴らしい!

ここまで色々書いておいてあれなんですが、やっぱり日本の美容院って素晴らしいと思います。お客さんが不快な思いをしないようにすべてが完成されているし、美容師さんの人柄や会話力も素敵ですよね。嫌だとは言いつつ、また日本の美容院に行ってみたい気持ちはあるんです。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析