インドのマクドナルドのダメすぎて笑っちゃうポイント3選!

皆さんはマクドナルドって好きですか?日本での人気は低迷気味なようですが、これだけ長期間にわたって世界中で愛されるマクドナルドってすごいですよね。マクドはもちろんインドにもあります。

でもインドのマクドナルドに関してはちょっと苦言があるんですよ。

file000738186990

ポテトの量が少なすぎる

僕はインドのマクドのポテトの量にはいつもがっかりなんですよ。あんなものは箱も一緒で、標準作業として決まっているのだから量は変わらないはずって思うじゃないですか。でも末端の店員に教育が全然行き届いてないんですよ。

ポテトの容器って、箱の底部分がぱかっと開いて容量が大きくなりますよね。日本のマクドはちゃんと底を開いた状態でポテトを詰めてくれると思うんですよ。でもインドは全然開かないんです。

そもそも動きにやる気が一切感じられないんですよ。そんな手つきでぺったんこのポテト箱にポテトを流し込むから、ポテトが全然流れ込まないんです。贅沢しようと思ってマクドにきているのに、これではがっかりしてしまうんですよ。

ポテトがLサイズでもMと量が変わらない

インドのマクドナルドでも、わずかな追加料金を支払うことで飲み物とポテトをLサイズにすることができるんです。だからもっとたくさんポテトが食べたくてLを注文することもあるんです。

でもこれが悲しいことにMサイズと量が全然変わらないんですよ。店員の例のやる気のない手つきはそのまま、Lサイズのポテト箱を取り上げると、そこにMサイズと同量のポテトを流し込むんです。

これにはさすがに愕然としましたよ。何度もマクドに行ってじっくり睨むように観察してたからわかるんです。MもLもスコップひとすくいしかしてないんですよ!それでどう見てもスカスカのLサイズを渡される人の悲しさってわかりますか。

僕はLサイズのポテトの箱が欲しいからLサイズを頼んだのではなく、Lサイズのポテトの量が欲しかったから頼んだんです。飲み物のLサイズなんて多すぎるからいらないんですよ。これは落ち込みますよね。

ポテトがシナシナ、又は塩辛すぎる

そんな風に苦労して手に入れたポテトがシナシナだった時の虚無感ってないですよ。そういうことが多いんです。特にお客さんがあまり入らない店舗なんかだとその確率は上がります。

マクドって何分以上経過したポテトは廃棄するっていうルールがあるんですよね。でもインド人にはそんなの関係ないんです。捨てたらもう一回作らないといけないから、そんな手間はかけないんです。

塩の量も適当なんですよ。あれもマクドナルドの英知の一つで、目分量に頼らずにワンプッシュで適量の塩が排出される装置があるんですよね。でもインド人はあれを連打してしまうんです。

ポテトをどうにかして!

こういう不満を持っているなら、直接クレームを言ったらいいじゃないかという意見もあると思うんです。でもそんな事したら変人扱いですよ。ポテトみたいな細かいことは誰も気にしないんです。というか気にしてたら生きていけないんですよ。

インドの街中はもっと不条理に満ち溢れているんです。だからポテトにクレームを付けていたら一日30回はクレームを言わなければならなくなるんですね。そういう許容の姿勢は見習いたいものです。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析