海外2年無職の僕がエアコンも扇風機もない酷暑の部屋で耐える方法3選

皆さんは暑いのと寒いのってどちらが好きですか?僕はどちらかと言うと暑い方がいやです。限界を超えた暑さには救いってものがありませんよね。

今住んでいるタイなんかでは停電もないし、エアコンが付いてるからいつも快適なんですが、インドやネパールだとそうはいかないんですよね。謎の長時間停電が毎日ある地域だって多いんです。

そんな暑い部屋でなんとか生き延びる方法をご紹介します。

1441777877ati6u

水シャワーを浴びて拭かずに過ごす

ネパールのルンビニーとかインドのコルカタなんかで酷暑期に滞在すると、意味が分からないほど暑いんですね。その状況で停電になれば室内温度はサウナ状態です。

だからとりあえずシャワーを浴びますよね。一日3回なんてものではなく、30分に一回くらいシャワーを浴びます。そうしないと精神に異常をきたす恐れがあるんですね。

このスピードでシャワーを浴びていると、タオルが乾く暇もないんですよ。だからほとんど拭かずに過ごします。床がタイル張りなら問題ないですよね。こうすると濡れている間は気持ちが良いんです。

でも徐々に濡れてる水が汗に変わってくるんですよ。そうすると不快なのでもう一度シャワーを浴びるんです。その無限ループに突入するんですね。

タイガーバームを塗る

IMGP4816

シャワーを浴び続ければそれでいいんですが、シャワーも結構体力を使うんですよ。だから最終的にはその気力すらなくなってくるんです。そんな時にタイガーバームが有効なんですよ。

タイガーバームってミントなんかのスースーする成分が入ってるんです。だからこれを首や胸、手首や足首にべったり塗ることで、爽やかな風を感じることができるんです。この効果は絶大ですよ。

でもタイガーバームで涼しいのも最初の30分くらいだから、頻繁に塗り替える必要があるんです。それに開封してから時間が経ったタイガーバームは効き目が薄いので、そういう地域に行く人は新品で大容量のタイガーバームを買っていきましょう。

服を着て廊下に出る

停電時には上記のような暑さ対策をするために、基本的には全裸で過ごす場合が多いと思うんです。でもどんなに暑さ対策をしようとも、気が狂うほど暑くて耐えられないっていう時もあるんですね。

そういう時には服を着て廊下に出てみるといいと思います。ここに爽やかな風が吹いている可能性もあるんですよ。同じように暑さに苦しむ宿泊者も、廊下で涼んでいたりするんです。そこで苦笑いを交わせば精神的にも落ち着きますよね。

暑いところはやっぱり嫌!

こうやって対策方法を考えているだけでも、やっぱり暑さって思いだして不快になるものなんですね。出来るだけそのような地域は避けたいものですが、旅行の際には参考にしてみてください。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析