ヒキコモリズムさんの「草津温泉に飽きた」の記事を見て海外移住先を勝手に3つ提案する

今日はヒキコモリズムさんのこの記事「ぶっちゃけます。移住3ヶ月ちょいですがそろそろ草津温泉生活に飽きてきました。」を見て考えたことを記事にしてみました。

なんか気持ちがすごくわかるんですよ。最高だと思って引っ越した場所も、いずれは飽きてしまうんですよね。そしたら当然また引っ越したいって思うし、それを我慢する必要ってぜんぜん無いと思うんです。

そんなわけで文中に「海外行きたいよね」との表現が使われていたので、勝手に移住先を提案してみることにしました。

タイ チェンマイ

これは今僕が住んでるところです。世界中を探しても、こんなに外国人が長期滞在している町って他にないと思うんです。それだけ魅力がある町っていうことなんですよね。

チェンマイの一番の魅力はやっぱり物価の安さで、かなり綺麗なアパートの家賃が月1万5千円ほどで家具や寝具も全部ついてるんです。もちろんエアコンや冷蔵庫、テレビもあって、WiFiもフリーで使えます。

IMGP0591 (2)

食堂では1食100円から150円ほどで美味しいタイ料理が食べられるし、もう少し出せば日本食もイタリアンも何でも格安で食べられるんです。人も穏やかで優しいし、不満点が見つからないんですよね。

チェンマイでは便利すぎて、海外ならではの刺激という点では若干物足りないものの、安定して生活するには最も適してると思うんです。

インド ダラムサラ

IMGP1522

僕はインドに長期滞在することを人に勧めるなんて絶対できないんですが、ダラムサラはインドであってインドでないんです。ご存じですか?チベットのダライラマ法王の亡命先の町なんですが、ここにチベットからインドに亡命してきたチベット人が集まってコミュニティを形成しているんです。

ダラムサラは標高2千メートルの山にへばりつくようにある小さな田舎町なのに、ここにも外国人の長期滞在者が多く住んでいるんです。理由はチベット人の支援だったり、ヨガや瞑想のトレーニングのためだったりするんですが、そこでの人とのつながりが最高に面白いんですね。

僕もここで学校に通ったりボランティアしたりして数か月いると、チベット人をはじめ各国の友達がたくさんできたんです。そういうのってチェンマイではなかなか出来ないし、田舎町ならではの楽しみだと思うんです。

実は来年もダラムサラには滞在予定で、今度は日本語教室を作ろうと思ってるんです。ウェブの知識がもっとあれば、チベット人の自立支援としてそれを教えても面白そうだし、自分が主体的に動ける環境があるんですよね。

IMGP1774

外国人が多いからもちろん食事も充実してますよ。すーごく美味しい日本食屋さんもあるし、こんなにデッカイピザも400円くらいで食べられるんです。ダラムサラでは3食カレーなんてあり得ないんです。

グルジア

file0002045471420

これは僕も行ったことが無いので何とも言えない所が大きいんですが、旅をしている友人がお勧めしてくれたんですよ。なんでもワインがべらぼうに安くて、コニャックなんかの本場でもあるらしいんですね。酒飲みにはこれ以上の誘惑はありませんよね。

それに物価はアジア並みに安くて、ご飯も美味しく景色も良いらしいんですよ。ビザなしで1年滞在できるっていうのも現実的な所で嬉しいですよね。

来年ダラムサラの後はグルジアかなぁっていうプランが僕の中ではあるんです。それを人にもそのまま勧めてるんです。でもグルジアって響きだけで楽しそうですよね。

海外移住生活は楽しい!

ヒキコモリズムさんのブログでも書かれていたように、僕も一か所に住み続けていると絶対飽きてくるんですよね。乱暴な言い方をすれば、日本国内なんてどこに行っても同じじゃないですか。だから変化を求めるんです。

海外をフラフラと移動しながら生活する楽しさを、もっとたくさんの人に知ってもらえたらうれしいですね。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析