シンガポールのお土産にカヤジャムを買うなら絶対おすすめの2品を紹介!

前の記事でカヤジャムの魅力についてはたっぷりご紹介したんですが、肝心なのはどのメーカーのカヤジャムが良いのかっていうことですよね。これを知らないと、何を買っていいのか分からずに混乱してしまいます。
シンガポールのお土産ならカヤジャムが一番喜ばれる4つの具体的な理由

というわけでここではおすすめのカヤジャムを厳選して2品紹介したいと思います。

おすすめ2位!ラッフルズホテルのカヤジャム

IMGP4498

カヤジャムといえばラッフルズホテルというくらい、ラッフルズホテルのカヤジャムは有名なんです。まずはパッケージをご覧いただきたいところですね。上品でセレブのお土産って感じがしませんか?

このカヤジャムは見た目通りの上品さで、甘さがほんのりとしてココナッツを最大限活かした風合いになってるんですね。そのせいか食べていると減っていくのも早くって、すぐになくなってしまうんですよ。

これぞ王道って感じで、気を遣う相手に対してはむしろこれ以外の選択肢はカヤジャムならあり得ないと思います。でもネックになるのが値段なんですよね~。現地価格でも一瓶で千円程度はするんです。ジャムに千円って高いですよね。

ラッフルズホテルのカヤジャムが購入可能な場所は、ラッフルズホテルにあるお土産コーナーの他、空港の免税店なんかにも置いてあることがあるようです

ちなみにラッフルズホテルのカヤジャムって日本でも買えるんですけど、値段が二千円くらいするんですよ。あり得ないですよね。

おすすめ1位!ヤクンのカヤジャム

IMGP6040s

いくらラッフルズホテルのカヤジャムが正統派で美味しいといっても、千円のジャムなんてたくさん買い続けることは出来ないんですよ。それはシンガポールの庶民も同じで、庶民の流行は別の所にあるんです。

その代表格がヤクンのカヤジャムなんですよ。ヤクンっていうのはカヤジャムをパンにはさんでトーストしたカヤトーストの有名店なんですが、ここが出しているカヤジャムが美味しいと評判なんです。シンガポール人はみんなこのカヤジャムを絶賛するんです。

この味がまた絶妙なんですよ。ラッフルズホテルより少し甘めなんですが、他のメーカーのよりは大分甘さ控えめで、ココナッツを強く感じるんですよね。なめらかな舌触りがたまらなく美味しいんです。

それでやっぱりうれしいのが値段なんですよ。ヤクンのカヤジャムは現地なら300円くらいで売ってるんですよ。これなら持てるだけ買って、友達に配り歩くことも出来ますよね。

ヤクンのカヤジャムが買える場所は、シンガポールの街中にたくさんあるヤクン(YA KUN)のお店か、スーパーマーケットでも売っているようです。これも日本からネット通販で買うと、馬鹿みたいに高くなるので現地で大量に仕入れたいところですね。

こんな感じ!

こうやって文章を書いてるだけでも、カヤジャムを思い出して食べたくなってしまいますね。皆さんもシンガポールに行く際は、ぜひ試してみてくださいね。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析