タイのカップヌードルトムヤム味に初トライ!気になるそのお味は?

今タイのチェンマイに住んでます。今年は数えてみると半年くらいはタイにいたんですが、カップラーメンとかインスタントヌードルって食べたことが無かったんです。

というのもタイの外食文化が凄すぎて、安くて美味しい料理だらけだからカップヌードルを食べたいとも思わなかったんですね。でもせっかくだから今日初めて買ってみたんです。

スパイシー!だけど旨い!

IMGP0910

タイのカップヌードルって安いんですよ。普通サイズの日清のカップヌードルが15バーツだから60円くらいで売ってるんです。普通日本のものってタイでは割高になりがちだから、日清は本気でタイ市場に取り組んでるということの証なんでしょうね。

さっそく家に持って帰って開封すると、中には小袋が一つとプラスチックのフォークが入ってました。この小袋がお湯を入れる前に入れるのか、後に入れるのか全然わからないんですよ。とりあえず先にいれてみました。

その際、小袋は全部入れない方が良かったです。海外のインスタントラーメンって総じて味が濃すぎるんですよね。楽しみ方が違うのかわからないんですが、日本とは少し違うんです。だから付属調味料は控えめに使うのが賢いんですね。

IMGP0916

お湯を入れて出来上がると、予想以上のトムヤムの香りが部屋にたちこめるんですよ。パッケージにエビ増量って書いてあったのは、具の乾燥エビじゃなくスープのエビエキスのことだったんですよ。そのくらいエビ感が凄いんです。

僕は辛いものには結構弱いほうなんですが、予想していたような強烈なスパイシー感はなくって、汗をかきながらも苦痛なく食べきることができました。

これはなかなかの傑作だと思うんですよ。日本にもトムヤンクン味ってあるんですかね?無かったら是非導入すべきだと思います。それくらい美味しかったです。

でもスープを全部飲むとかは無理でしたね。ちょっとスパイシーだし味が濃いんです。そのほうがかえって健康に良いかもしれませんしね。

タイのカップラーメンは意外と奥が深そうなので、今後も挑戦し次第レポを書いていこうと思います。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析