ミニマリストでもスマホが必要なら1万円以下のスマホはどうかという提案

前回書いたシンプルケイタイをお勧めする記事の続きです。やっぱり色々言ってみても、LINEやメールは多くの人にとって必要なんですよね。だからスマホを使うにしても、こういうスマホはどうかと提案したいんです。
ミニマリストにスマホは必要か?本物ならこの携帯を使え!

ASUSのZenFone4

IMGP0038

日本ってスマホといえばとりあえずiPhoneじゃないですか。でもそれってどうかと思うんです。日本でのiPhoneの市場占有率って世界的に見ても異常ですよ。これってもう洗脳されてると言えるレベルだと思うんです。

iPhoneなんて買わなくても、他に目を向ければもっと安くてシンプルなスマホがいくらでもあるんですよ。その筆頭がASUSのZenFone4ですよね。

ASUSは台湾のメーカーでZenFoneは日本でも売ってるんですが、高くて大きいやつしか販売してないんです。複雑で排他的な日本市場のことだから、きっと色々あるんでしょうね。

僕が使っているZenFone4は去年マレーシアで買ったんですが、その時の値段は299リンギットだから約9500円でした。1万円以下でスマホが買えるんですよ。しかもパソコン部品としても有名なASUSのスマホだから、得体のしれない中華スマホみたいにすぐ壊れることも無いんです。

このスマホの良い所

IMGP0043

海外で買っても日本語対応

まあアンドロイドのスマホだから当たり前のことなんですが、海外で買っても設定画面からの変更だけで、日本で買うスマホと同じように全部が日本語になります。文字入力ももちろん日本語キーボードで出来ます。

付属の充電コードだけは、コンセントの差込口がマレーシア仕様の3本歯になってるので日本では使えないんですが、電圧なんかは問題ないので他のアンドロイド用の充電器で充電できます。

最低限の機能ならサクサク動く

これは高スペックのスマホじゃないので、負荷のかかるような重たいゲームは難しいんですが、普通のネット閲覧やSNS、簡単なゲームなんかの用途には全然問題なく動きます。

1年以上使用していると、ちょくちょく動作の不具合もでているんですが、まだまだ現役で頑張れる範囲です。

SIMフリーだから海外でもそのまま使える

前の記事でも書いたんですが、海外で買うケイタイは基本的に全部SIMロックなんてかかってないんです。だから海外旅行の時でも現地でプリペイドSIMを買うことで、どこでもネットや通話ができるようになるんです。

その際の料金は、どこの国に行ったって日本の通信会社の海外ローミングを利用するよりは格段に安いんです。国によってはほとんどタダみたいな値段でもプリペイドSIMは買えるんです。

デメリットは?

カメラが貧弱

ZenFone4の最大の弱点はカメラの貧弱さだと思います。この性能はiPhoneとは比べ物にならなくて、特に暗いところでは使い物になりません。カメラ性能を求めるなら、やっぱりiPhoneやサムソンのを使った方がいいんでしょうね。

このへんで取捨選択が出てきますよね。よりシンプルなほうがいいと思えばカメラ性能を捨てても良いと思うんです。

バッテリーの持ちはそんなに良くない

これも大きな弱点ですよね。ZenFone4はずっと使っていると結構バッテリーが減っていきます。充電コードが手放せないってほどじゃないんですが、バッテリーも良くはないです。

使った事がないのでわからないんですが、今の高級スマホってガンガン使っても2日くらい充電なしで持つんですかね?そうだとしたら全然かないません。

こんな感じ!

多くのスマホユーザーがそうであるように、主用途がLINEとSNSと電話で、たまにゲームやネットっていう感じの軽い使い方なら、こんな1万円以下のスマホでも十分だと思うんです。皆さんはどうお考えでしょうか?

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析