海外2年無職で究極のミニマリストな僕の必需品5選

最近ミニマリストって流行ってるんですよね。自分自身をそんな流行語にカテゴライズする意味ってよくわからないんですけど、僕も考えてみれば相当なミニマリストだと思うんです。

だって2年前にアパートなんかは全部引き払って、家具や家電などありとあらゆるものは処分してしまったんですね。それで海外に出た僕と嫁の所有物と言えるものは、40リットルの小さ目バックパック2つに収まる分で全てなんです。

40リットルって結構小さいですよ。欧米人のバックパッカーなら、女性でもその倍くらいのバッグを持ってたりするんです。そんな僕の所有物の中で、これだけは失えないっていうものをご紹介します。

1415390688o66bl

パソコンとその周辺機器

どれだけ荷物を減らしたくても、僕と嫁にとって一人一台のパソコンは絶対に外せません。これは収入を生む道具だし、手放せない大事なパートナーなんです。言ってみればキャプテン翼にとってのサッカーボール、ムツゴロウにとっての動物、さかなクンにとっての魚類くらい大切なんです。

嫁のマックブックエアーや僕のSurfaceみたいな小さいやつでも、周辺機器をいれると結構かさばるんですよ。充電用のACアダプターは必需品だし、作業するにはマウスも、データ保存に外付けハードディスクも要ります。

ブログをやるにはカメラも必要だしそのあたりを全部考えると、荷物の中でパソコン周辺機器が占める割合ってかなり大きくなるんです。もちろん金銭的な価値でもこれが一番大きいですよね。

現金とクレジットカード、パスポート

1404631824246dh

まあ当たり前のことですが、金がないと生活できないから現金とクレジットカードは必需品ですよね。僕たち夫婦は日本の銀行にある預金を、クレジットカードの海外キャッシング機能を使って現地ATMから現地通貨を引き出して生活してます。

キャッシングっていうと悪いイメージがあるかもしれませんが、繰り上げ返済なんかを使えば、現金両替とそれほど変わらない手数料で現地通貨をゲットできるんですよ。それに保険のきかない現金なんて大量に持ってたらリスクが大きすぎるじゃないですか。

クレジットカードとパスポートさえあれば、世界中のどこに行っても生活できるんですよね。逆に言えばクレジットカードなしで海外生活っていうのは無理があると思います。

衣服と履物

これが無かったら人間としての尊厳を失いますよね。僕たち夫婦は基本的に寒い国には行かないので、衣服も必要最低限です。防寒着といったらコートなんて持ってなくてペラペラのウインドブレイカーだけだし、長ズボンも薄手のジーンズ一枚しかありません。

タイなんかにいると年中Tシャツと短パンで過ごせるから必要な衣服も減るんですよね。靴もスリッパがあればいらないくらいです。チェンマイには短い冬もくるらしいんですが、11月末になっても昼間は酷暑なので知れてると思います。

日用雑貨

いくらモノを持たないといっても体は清潔にしておきたいですよね。ヒッピーみたいな髭ボーボーで長髪の人も見るんですが、ああいうのはちょっと苦手なので綺麗にしておきます。

具体的には歯ブラシと石鹸、シャンプーに耳かき、コンタクトレンズ用品くらいでしょうか。この辺も小さいポーチに収まるくらいの量です。

水筒と最低限の食器

僕たち夫婦は海外に出てからは基本的にずっと外食で自炊はしないので、これは不要といえば不要なんですが、たまには買ってきて部屋で食べたい時ってあるじゃないですか。そういう時にスプーンもフォークも無いと結構絶望しますよね。

だからスプーンとフォークは海外で買い足しました。あと日本から持ってきた水筒はかなり役に立っている必需品です。飲み物を作ったらそのままコップとして使えるし便利ですよね。

そのくらい!

僕の所有物っていったらこのくらいなんです。結構ミニマリストじゃないですか?実際にはバッグの中に嫁の化粧品や日焼け止め、アロマグッズなんかの女性ならではの必需品がプラスされるんですが、バッグの容量が決まってるのでそんなに量はありません。

そんなミニマリスト生活はいかがでしょうか

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析