ミニマリストはテレビを捨てろ!?2年テレビを見てない僕が考える4つの利点

ミニマリストって最近流行ってるんですよね。ネットでもその言葉を目にする機会が多くて興味を持ちました。まあ物質社会から少しでも離脱しようとする試みは悪いものではありませんよね。

それで僕らが普通持ってるもので、一番不要なものって絶対テレビですよね。僕は2年前に日本を出る際に家具や家電はほとんど処分したのでテレビを持っていませんし、海外でもテレビをみることってありません。

そこでテレビのない生活の利点に気が付いたんです。

file8181298830552

自由な時間が増える

テレビってつけっぱなしにしていると、次々に興味をそそる内容が出てくるものじゃないですか。今のテレビは面白くないとか言ってみても、やっぱり多くの人が見てしまうものなんですよね。

そこから得た情報を何かに結び付けるわけでもなく、テレビの前の人はぼーっと口を開けて眺めてるわけじゃないですか。それて時間の無駄以外の何物でもないですよね

忙しくてブログが一日1記事しか更新できないとか、勉強する時間が無いとか言ってる人も、テレビの前で毎日数時間時間をつぶしてたりしますよね。情報を仕入れる手段としてはネットより格段に劣るわけだし、今やその存在意義って消えてもいいものですよね。

行動に主体性が持てる

テレビを見るっていう行為は100%受け身なわけじゃないですか。そしてテレビの前にいさえすれば時間は流れていくし、余計なことを考える必要もなくなるわけですよね。それって何かから逃げるためには最良の手段なんだと思うんです。

だからテレビをぼーっと見ている時間を主体的な行動に置き換えれば、すべてが変わってくるはずですよね。ブログを書いたりアフィリエイトサイトを作ったり、趣味に没頭したり本を読んでもいいじゃないですか。

そんなポジティブな行動だけでなく、ギャンブルに興じたり居酒屋に行くことでも、テレビを見ているよりは良い影響を与えるはずなんです。そのくらいテレビって無駄を作ってるんですよね。

イライラしなくなる

テレビって雑音のかたまりじゃないですよね。騒々しい効果音に目まぐるしく変わるCMなんかを聞いてると、頭がおかしくなってしまいます。それでこの芸能人の笑い方が下品でうるさいから嫌いとか、このコメンテーターが作家のくせに偉そうでムカつくとか、要らないストレスを生むんですよね。

そんなストレスを受けてまでテレビを見続ける必要ってどこにあるんでしょうか。情報を仕入れる手段ならネットで十分じゃないですか。もちろんネットでもイライラすることはありますよ。でも一方的に押し付けられるテレビよりは、ストレスとの戦い方も色々あると思うんです。

余計な物欲がなくなる

テレビの存在意義って企業の宣伝活動にあるわけじゃないですか。コマーシャルをいかに多くの人に見せるかっていう目的で、大衆の興味を引く番組を必死で作ってるんですよね。NHKは少し違うと思いますが、NHKしか見ないっていう人もあまりいませんよね。

コマーシャルっていうのは次々と新しい商品や、新しいライフスタイルを提案していくことで、今まで不要だったものを購入させるものですよね。それってミニマリストの精神とは真逆のものだと思うんです。

今のシンプルな暮らしに満足しているなら、新たなモノやサービスを購入する必要はないわけで、それならテレビなんて見るだけ無駄なんですよね。だからテレビを捨ててこそ、本当に必要なものが見えてくるんだと思うんです。

こんな感じ!

実際にテレビを捨ててしまって不都合がでるとすれば、友達や同僚と話が合わなくなるくらいなんですかね。逆に言えば、そういうどうでもいい理由しか出てこないくらいテレビって要らないものなんですよ。

皆さんはどうお考えでしょうか?

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析