タイでムエタイやったら一瞬で酸欠になって倒れた話

タイの格闘技っていえばムエタイですよね。引き締まった肉体を持つ男同士が闘う様は憧れます。というわけで前にムエタイジムにお邪魔したんです。

ツイッターで交流のある女性の方がバンコクのあるジムに所属していて、プロボクサーとして活躍してるんですね。彼女に付いていったんです。

迫力がすごい

IMGP6577

格闘技をやってる所って生であんまり見たことがなくて、リングの横で座って見学させてもらってたら、やっぱり迫力がすごかったです。なんかミットにグローブが当たるときドスドスいいますもんね。怖いですよ。

それでみんな表情も怖いんですよね。なんか人間の見てはいけない所を見てるような気がして超怖かったです。このへんで体験させてもらうっていう約束は完全に後悔してましたね。

それで指導者の方が一人空いたんで僕の番が回ってきたんです。その方も昔ムエタイでスゴイ有名なスター選手だった人らしくて、なんか貫禄あるんですよね。

ジムで練習してる人ってやっぱ筋肉ムキムキじゃないですか。でも僕はタプタプだからTシャツ脱ぎたくなかったんですね。恥ずかしくて。

でもそのコーチの人に脱げ!って言われて、速攻で脱ぎました。ああいう人に逆らう気ってしないですよね。

ミット打ち開始!

IMGP6634

ミット打ちっていうのか分からないんですけど、コーチの人がミットとキャッチャー
みたいな防具を胴体につけて僕が攻撃するんですね。「ワンツー!」「右ローキック!」って指示されて打つみたいな。

IMGP6626

これが超楽しいんですよ。怖気づいてたのが嘘みたいに楽しくって、夢中でパンチとキックしてました。写真見たら僕めっちゃ笑ってますもん。リングの上で。

でも変化って早いんですよね~。開始して1分くらいしたら、「あれ、手首ちょっと痛いかも」「いや、確実に痛い。怪我しそう」「あかん、酸素足りてない」って雑念が思考を占拠するんです。

それでも、そんな元スター選手の人がわざわざ防具付けてやってくれてるわけじゃないですか。終わりにしてくださいって言いにくいんですよ。もう無理って軽いジェスチャーとか表情で伝えようとするんですけど全然わかってくれないんですよ。

そのあと倒れる

何とか終わってシャワー浴びてたら、もう頭フラフラですよね。椅子に座ってて立ち上がろうとしたら意識半分失ってびっくりしました。ちょっと休んでジュース飲んだら良くなったんですけど、やっぱり運動不足でいきなりムエタイはダメですね。

また1分だけならムエタイ体験してみたいですね。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析