海外2年無職の僕が海外と東京のお好み焼きの文句を言う

僕は2年前に日本を出てからまだ一度も帰国していないんですね。嫁といつも一緒にいるから日本語は話せなくて寂しいっていうことも無いし、美味しい日本食屋さんだって海外にはたくさんあるから、日本食が恋しくなることも少ないんです。

でも海外ではどうしても得られない幸せっていうのは存在するんですよね。それがお好み焼きを食べるときの幸せなんです。

DSC_0724

大阪のお好み焼きは真似できない!

お好み焼きのおいしさって尋常じゃないんですよね。なんというかあの外側が焦げてカリッとなったところと、中のフワフワ部分との調和がたまらないんですよ。僕は尼崎で育ったので文化圏は大阪なんですが、お好み焼きに関しては広島風が絶対美味しいと思ってます。

トッピングはもちろん豚バラですよね。豚バラの脂で上の中華麺がカリッカリになるのが最高なんです。そこにソースをコテコテに塗ったらもう至福の極みですよね。お好み焼きが食べたくてしかたがないんです。

でも海外で食べるお好み焼きってひどいものなんですよ。お好み焼きって簡単な材料で作れるから、多くの日本食屋さんがメニューにのせてるんですけど、それが東京のお好み焼きみたいに美味しくないんですよ。

東京でお好み焼きって食べたことがないから知らないんですけど、店でもなんか自分で焼くのが基本なんですよね?自分で本当に美味しいお好み焼きなんて焼けるはずないじゃないですか。絶対店長に焼いてもらった方が美味しいんですよ。

僕が大好きなお好み焼き屋に、JR塚本駅の「塚本」っていうお好み焼き屋さんがあるんですけど、そこで客が自分でお好み焼きを焼きたいって言ったら店長は絶対激怒すると思うんです。すごく温厚で優しい人なんですけど、その人が激怒するくらいの事なんですよ。だってバイトにさえ焼かせないんですよ。

そういうこだわりを持ったお好み焼きにはどうやったって海外では出会えないんですよね。もちろん日本資本の高級鉄板焼屋なんかに行けば違うんでしょうけど、その辺の安い店じゃ無理なんです。

もちろん東京にもこだわりを持ってお好み焼きを焼いている名店はたくさんあると思うんですよ。本気で東京のお好み焼きを憎んでるわけじゃないんです。でもやっぱり大阪のお好み焼きが食べたいですね~。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析