競馬場のおっちゃんを見て考える、どうやっても成功しないタイプの人3選

僕は競馬が好きなんです。ギャンブルを害悪のように嫌う人は多いですが、僕は競馬から多くのことを学んできました。大学で学ぶことより競馬場で学ぶことの方が大きかった気さえします。そのくらい僕は競馬が好きなんです。

競馬場に行くと色んなタイプの人がいるんですよね。そしてギャンブルという極限状態に相対した時、彼らは本性を見せるんです。そしてそこには決定的な法則性が見て取れるんですよね

今回は競馬場のおっちゃんをタイプ別に考察し、そこから成功しない人のタイプを割り出してみました。

1385440353vepsb

こんな人は成功しない

感情をオモテに出し過ぎる人

競馬場で一番盛り上がるのって、何といっても馬が最終コーナーをまわって直線に入るときですよね。ここで勝てそうな馬に賭けている時なんかは心臓はざわめき、アドレナリンが一気に脳内を駆け巡るんですよ。

そこでみんなが「来い!来い!」と願ったり叫んだりするんですが、その中にひときわ声が大きいおっちゃんって必ずいるんです。そのおっちゃんは「2番そのまま!2番そのまま!」って叫ぶんですよ。2番が今先頭を走っていて、後続が追い付かないことを祈ってるんですね。

そうするとどういう現象が起きるかご存じですか?競馬場によく行く方なら頷いてもらえると思うんですが、おっちゃんが応援する馬は絶対に勝てないんです。途中でバテて沈んでしまうんですね。

これって真理を含んでると思うんです。やたらと感情をオモテに出して叫んだりする人が成功することってないんですよね。勝つ人は静かに勝つんですよ。

やたらと人に聞く人

競馬場で一人で予想をしていると、おっちゃんに話しかけられることってよくあるんですよね。おっちゃんは僕に対して「次のレースどの馬でいく?」って聞いてくるんですよ。これは別に日本だけじゃなくって、インドの競馬場でもそういうおっちゃんがいました。

まあ他人の予想を聞きたくなる気持ちも分からない訳ではないんです。少しでも自分の予想に拠り所が欲しいから、意味のない情報源さえ都合よく解釈して、自分の馬券が当たることを確信したがるんです。でもそんな予想は絶対当たりませんよね。

これって何に関してでも当てはまることだと思うんです。人に聞いて外部からの情報を得ることももちろん大切なんですが、まずは自分がやってみて、自分独自の方法論を確立していかないと話にならないんですよね。

だから人に聞いてばかりの人は成功しないんです。

酒に逃げる人

もうこれは最悪なタイプですよね。競馬場で酒を飲みながら予想しているおっちゃんが存在するんですよ。理由はただのアルコール依存症であったり、ギャンブルの重圧から解放される手段であったりするんでしょうが、どちらにしても成功からは最も遠い人間ですよね。

ギャンブルには普段以上に冷静で平衡感覚を持った判断力が要求されるんですよ。一度きりのバクチなら勢いも大切なんでしょうが、複数レースをこなす場合、自分の予算と相談しつつ厚く張るレースを検討し、買っても負けても自分の状況と次のレースのことを冷静に分析しなければいけないんですね。

当然ながら酒を飲むとこのあたりの判断能力が低下します。だから目が覚めた時には予算以上の散財をしていたり、せっかく勝った金も調子に乗って次のレースにつぎ込んで溶かすっていうような現象が起きるんです。これは話になりませんよね。

こんな感じ!

僕が考える競馬場のダメなおっちゃんのタイプってこのくらいかなって思います。皆さんはどうお考えでしょうか?

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析