【タイの晩飯シリーズ】豚ソーセージのピリ辛バジル炒めに目玉焼きをのせて頂く

今タイのチェンマイに住んでます。最近いままで試したことのないメニューに挑戦することが多くて、またまた絶品メニューを発見したんです。どこの食堂にもある定番メニューっていうわけじゃないと思うんですが、美味しかったので紹介します。

豚ソーセージが最高!

IMGP1032

豚肉のバジル炒めってタイの食堂メニューを代表するような定番メニューなんですけど、今日はその豚ソーセージバージョンを頼んでみたんです。これがもう出てきた瞬間から美味しいことを確信しましたね。見た目が絶妙すぎるんですよ。

豚ミンチのバジル炒めって、全部が細かいから主役不在な感じが否めないんですよ。だからこそ気を張らずに食べれるっていう良さもあるんですけど、やっぱり主役がいると満足感に違いがでてくるんですよね。

この豚ソーセージはベトナムヌードルに入ってるのと同じ種類で、ジューシー感はないんですけど、あっさりして味があるっていう感じの美味しいやつなんです。これをバジルやニンニク、唐辛子と一緒に炒めてるからご飯に合いまくりなんですよ。

それで嬉しいのが豚ソーセージのバジル炒めはソーセージ以外にも、豚ミンチが入ってるんですよ。これって超お得じゃないですか?どっちも値段は同じなんですよ。これからこの店で普通の豚バジルを注文することはもうないと思います。

けっこう濃いめの味付けで、辛さも強いから目玉焼きが良い仕事をするんですよ。半熟の黄身でコーティングすることで、辛さを和らげてご飯との相性を強化するんですね。

これが目玉焼き付きで40バーツだから130円くらいです。いつものことですが安いですよね~。

今日も美味しく頂きました!

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析