ラオスで食べる本格イタリアンが衝撃的に旨すぎる!ピザが最高!

今タイのチェンマイに住んでます。ビザの関係でタイを出国する必要があるときってラオスが一番近くて便利なんです。だから首都のビエンチャンには何度も行ったことがあるんですね。

それでラオスって田舎臭いイメージが強かったんですけど、実はそんなイメージとは対照的な経験をさせてくれる国なんですよ。その筆頭が美味しいピザなんです。

ラオスでピザって美味しいの?

まぁアジアの田舎の方のピザって大概がひどいものなんですよ。ピザを頼んでもピザトーストが出てきたり、ピザトースト風のものだったりするんですね。だから基本的にピザは望んで食べないんです。

でもラオスのビエンチャンって欧米人がかなりたくさん住んでるんですよ。大使館や援助関係者だったりすると思うんですが、彼らがいるということは、美味しい西洋料理が食べられるということなんです。欧米人のバックパックーが多いことも大きな要因だと思います。

IMGP9762

それでリサーチの末に訪れたのがこの店なんですけど、ラオスにいるとは思えない洗練具合なんですね。メニューも豊富なんですが、メインが選べるランチセットを頼んでみました。

IMGP9752

IMGP9749

前菜がサラダですよね。こんな普通のサラダって何年ぶりに食べたか分からないくらい出会えなかったので、この時点で既に感動が始まってます。そしてパンですよね。スティック状のポリポリのやつとか、フワフワのやつとか色々あるんですよ。

IMGP9754

そしてメインのピザがきました。生地にイカスミが練り込んであるベーコンとかのピザです。この見た目で既に美味しさが分かりますよね。

なんというか生地自体の味が美味しいんですね。適度な塩味が最高なんです。そしてチーズも一口で分かるくらい本格的なやつだし、今までのピザとはもう全然違うんですよ。日本でもそんなに色んなピザを食べたわけじゃないんですが、今まで食べた中では最高のピザです。それにラオスで出会えたんですよ。

IMGP9756

嫁が頼んだのはジェノベーゼのパスタですね。僕はあんまりパスタには興味がないんですが、こちらもすごく美味しかったようです。

IMGP9760

IMGP9758

このランチコースには食後のデザートとコーヒーまで付いてるんですよ。デザートはマンゴーのクレープで、装飾が美しいですよね。味ももちろん最高です。

IMGP9763

これで値段は58,000キープだから870円くらいです。もちろんラオスの物価を考えれば破格の贅沢ですよ。でも日本で食べることを考えれば格安ですよね。

このレストランに行くために、またラオスに行きたいと思うレベルのレストランでした。店名はAi Caponeで、ビエンチャン市内の中心部にあります。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析