ミニマリストなら常識を捨てろ!終身雇用のつもりで家を買うってどうなの?

ミニマリストっていう言葉が最近流行ってますよね。モノを出来るだけ持たない暮らしっていうのは身軽になれて良いと思います。でもその身軽さってなんのためのものなんでしょうか。

1387575414qspl3

最小限の暮らしをする意味って何?

モノで溢れた生活からの脱却って、身軽になるっていう意味合いを絶対に含んでますよね。だって一生引っ越しするつもりも無いのなら、家具を捨てる意味なんてないわけじゃないですか。

もちろんそこにも意味を付けようと思えば付けられますよ。部屋が広くなるとか、掃除がしやすくなるとかですかね。でもそれってどうでもいいことじゃないですか?

今ある常識に足を取られているようでは、ミニマリストである意味合いってホントに薄くなると思うんです。例えば新卒で入った会社に終身に渡って雇用されるのが幸せという常識ですよね。本当にこれが正しいと信じている人は、家具をいくら捨てたって自由にはなれませんよね。

都内に家を買うっていうのもそうですよね。別にそのことを全て否定しているわけじゃないんですよ。でも一生同じ仕事をするつもりで、一生同じところに住む覚悟って、最小限の暮らしと相反しませんか?

常識を捨てて自由になろう!

だからミニマリストが最初に捨てるべきものって社会の常識だと思うんです。最小限の暮らしをする覚悟があるなら、終身雇用も一軒家も必要ないんですよね。

今の時代会社を辞めたっていくらでも食べていく方法はあるわけじゃないですか。転職も売り手市場だっていうし、クラウドソーシングなんかを使えばフリーランスにも簡単になれるわけですよね。

もちろんワーキングプアみたいな人もたくさんいますよ。でも彼らだって死ぬほど飢えてるわけじゃないですよね。最悪の場合でも普通に最小限の暮らしを続けることなんて可能なんです。だから会社をやめることにリスクなんてないんですね。

会社を辞めたら地方に移住して生きる道を探してみてもいいし、海外で新たな発見をさがしてもいいじゃないですか。ともかく下手な常識こそがミニマリストを変な方向に結びつけてしまうんです。

こんな感じ!

今の時代ってもっと自由になる可能性に満ちてるんですよね。だからミニマリストを自称するならそこに向かって走るべきだと思うんです。皆さんはどうお考えでしょうか?

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析