外国人の友人が来たら見せたい!リアル日本の底辺ライフな場所3選

僕はこの2年ほど仕事もせずに海外でフラフラしてるんですが、年末に一時帰国することにしたんです。保険のこととか買いたいものとかがあるんですよね。それでその期間にちょうどマレーシア人の友人が日本に遊びに来ることになったんです。

マレーシアではお世話になった人なので色々連れていってあげたいんですが、その友人は観光地より、日本のローカルな暮らしが見たいというんです。そこで連れていきたい場所をいくつか考えてみました。

1439376991fb6d5

尼崎競艇場

僕は尼崎競艇場のすぐそばで育ったんですよ。だから所属していた少年野球の監督も、僕たちに指導しながらカップ酒を飲みつつ競艇をやっていたんです。今の親なら激怒するところですよね。でもそれが普通な土地だったんです。

マレーシア人はイスラム教徒だから、ギャンブルはダメでしょって思われるかもしれませんが、彼はマレーシア華人だからムスリムではないんですね。マレーシアは多民族国家なんです。

でもやっぱりマレーシアではギャンブルなんかはしにくいんですよね。一応そういう場所もあるんですが、パチンコ屋に競馬場、雀荘なんかがあふれる日本の感覚とは全然違います。

阪神競馬場に連れていくっていうのもアリだと思うんですけど、僕はどうせならリアル底辺な尼崎競艇場を選びたいと思うんです。競馬場ってテーマパークみたいにしっかりしてるし、今は若いカップルや大学生の集団も多いじゃないですか。日本の古き良き鉄火場っていう感じが味わえないんですよね。

でも競艇場は違いますよ。客層は50歳以上の汚いおっさんに限られるし、服はユニフォームのように濃い色のジャンパー、酒とたばこをやりつつギャンブルを楽しむっていうスタイルになってるんですね。

僕も一度だけ好奇心で入ったことがあるんですが、あまりの濃さに2度と行きたいとは思えないんです。そういう濃いローカルを味わってもらいたいんですよね。

スーパー銭湯

14024089717ysl5

やっぱり日本のウリといえば温泉じゃないですか。マレーシアには温泉なんてほとんどないから行ったら絶対喜ぶと思うんです。それで関西の温泉っていったらやっぱり有馬温泉か白浜温泉ですよね。

一泊旅行で行けたらいいんですが、どちらもやっぱり高いじゃないですか。その値段ってマレーシア人からしたらもっと高いんです。だってマレーシアの庶民的な物価って日本の3分の1くらいなんですよ。ローカルな食堂では150円あれば美味しいご飯が食べられるんです。

しかも日本のホテルって一部屋ごとの料金じゃなくて、1人毎にお金がかかるじゃないですか。3人連れの旅行だから1泊だけでも大変なことになるんですよ。そのお金を出してあげることも出来ないし、温泉旅行は厳しいんですよね。

でも日本にはスーパー銭湯っていう宝物があるんですよね。僕の実家の近所にもあるからそこに連れていこうと思うんです。これならお金を出してあげることもできます。

初めて大きい湯船につかる時の感覚ってどういうものなんでしょうね。マレーシアは南国だから家に浴槽なんてもちろんないし、シャワーを水で済ますこともこともあります。そんな人がアッツアツの広い湯船につかったら発狂して喜ぶんじゃないですか。その顔を見てみたいんですよね。

スーパー銭湯に行ったらサウナも絶対外せません。きっとその暑さに仰天すると思いますよ。そしてそれを耐え抜いた後の水風呂ですよね。この快感って他にないと思います。

僕の実家

やっぱり外国人が旅行で望むものって、現地人との心温まるふれあいなわけじゃないですか。それを味わうにはホームステイが一番ですよね。僕の実家は尼崎のしょぼいマンションだから、3人泊めるには窮屈になりますが良いんです。上述の通り、日本のホテルが高いっていう事情もありますしね。

それで日本の家庭料理を作るところを見たり、ちょっと習ったりもしてみたいと思うんです。僕の母親も英語は出来ないけどまあまあ料理はできるから、通訳しつつ料理講座をやったらすごく楽しいと思うんですよね。

畳の部屋もやっぱり嬉しいんじゃないですか。あの独特の感触ですよね。あれもマレーシアにはないものだと思います。家庭の小さい湯船もいいじゃないですか。

楽しみになってきた!

外国人の友達に自分の国を案内するってワクワクしますよね。この2年は案内されっぱなしだったのでこれはすごく楽しみです。

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析