海外に行くけど英会話の発音が不安?ならアクセント位置だけ気を付けろ!

海外旅行に行く前って、自分の英語の発音が気になったりしますよね。発音が下手で伝わらなかったら嫌だし、笑われそうで怖いっていう人もいると思います。

でも実際海外旅行の英会話なんて、発音をそれほど気にする必要なんてないんですね。でも少しでも伝わりやすさを目指すなら、アクセントの位置だけを気を付けるべきなんです。

file0001432978570

英会話の発音はアクセントだけ!

前の記事で、英語は世界言語であって伝えるための道具なのだから、色んな発音があって当たり前ということを解説しました。そういう前提がありながらも、少しでも相手に伝わりやすい英語を目指すのは当然ですよね。

伝わりやすい英語っていうと日本人は単語の一つ一つをはっきり発音したりするんですが、それでも伝わらない経験ってみんな持ってると思うんです。その時の間違いがアクセントの位置なんですね。

これはインドにいるアメリカ人の英語教師がいつも言ってたことなんですが、アクセントは本当に重要で、これがずれたり無かったりすると欧米人は全然理解できなくなるらしいんです。

アクセントなんてどうでもいい言語である日本語を使っていると、そんな感覚ってわからないですよね。僕もなんでこんなにはっきり発音してるのに、アクセントが違うだけで理解してもらえないんだろうっていうことがよくあるんです。

アクセントについて解説する必要はないと思うんですが一応しておくと、例えば「paticular」という単語があると「pa/ti/cu/lar」と区切って、どこを強く発音するかっていうことですね。

この場合アクセントの位置は「ti」だからパティキュラーと発音するんですが、これがティキュラーになったり、アクセント不在の日本語英語でパティキュラーと発音すると伝わりにくくなるんですね。

コツは外国人っぽく話すこと

外国人が話すのを聞いていると、日本語より抑揚が大きい感じがしますよね。それは感情がこもっているとかそういう話ではなく、そういう発音をする言語だからなんです。中国語なんかも日本語より発音が強いですよね。

それでアクセントを意識して話す一番簡単な方法は、外国人っぽく話してみることだと思います。最初は恥ずかしい感じもすると思いますよ。でもサッカーでも野球でも上手い人の真似をして成長しますよね。だから欧米人の真似をするのは当たり前の上達法なんです。

英語のアクセント位置って話しているとだいたい感覚で分かってくるものの、例外もあるじゃないですか。でもそんな間違いは別にいいんです。一つの単語が分からなくても、相手が勝手に推察してくれるじゃないですか。だから自信をもってアクセントを付ければいいんですね。

一番伝わりにくいのが、日本語発音のまま英語を話すことなんです。これさえ避けて、適当にでもアクセントをつけて話せば、相手としては聞き取りやすいし、英語を話せている感じになるんですね。

とにかく話そう!

こういう英会話のコツみたいなものも、外国人と話す機会がなければ全くの無意味ですよね。だから英会話の上達を目指すなら、積極的に海外旅行に行ったりして機会を作るようにしましょう!

ユウキ
27歳で嫁は12歳年上です。
アフィリエイトで若干の収入はありますがギリギリです!
今は台湾に2か月ほど滞在していて、次はインドのダラムサラに半年ほどいます。よろしくお願いします!
気になった記事があればソーシャルでシェアして意見をもらえるとうれしいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析